アロマセラピーの資格と仕事

アロマセラピストの仕事と特徴

アロマセラピストの仕事の特徴、といってもこれは、簡単に一括りにできるものではありません。
まず日本において、アロマセラピーは民間の代替療法であるという位置づけです。運営団体も民間の団体ですし、資格も民間資格ですので、やはりその方向性はそれぞれ違ってきます。しかしこれは、多岐にわたって活用できるとも言えるでしょう。
例えば、ヒーリングとしてこの芳香療法を取り扱うケース。そして一番多いのは美容としての観点からこれを利用するケース。アロマセラピストが精油を用いて、フェイスやボディにトリートメントを施すというものです。エステサロンなど取り入れられていますね。
そして近年、医療や介護の現場でも用いられることが増えてきました。医療のサポート的役割、及び臭いのケアなどがあります。医療従事者がアロマセラピストの資格を取って、これを現場で活かすケースもあります。
その他、スポーツ選手の心身のケアに利用されたり、メンタルケアの現場で用いられたりなど、その幅は年々広がりつつあるようです。こうした現場において、アロマセラピストのニーズがある、ということです。
また、指導する立場での仕事などもあります。
しかし、この資格を有するということが、即ち高収入に直結するということではありません。各分野で人材のニーズや働き方が違いますし、アロマセラピストとしての活動を個人でやるケースもありますから、一概には言えないのです。

アロマセラピー資格の取り方

アロマセラピストの資格の取り方を知りたい、しかしその前に、アロマセラピーというものは日本においてはどのようなものであるか、よく理解しておく必要があります。
アロマセラピーは端的に言うと、ホリスティックな観点からの芳香療法というところです。これは、癒しや美容にはじまり、近年は医療現場でもサポート的な役割をもたらすものとして、取り入れられるケースも増えてきました。ただ、民間資格ですので、運営する団体によって、その取得ためのカリキュラムや必要経費は違ってきます。また、医療現場で使える芳香療法をメディカルアロマとして、癒しや美容目的のアロマセラピーと区別している団体もありますので、目的によって、どういった講座をどのように受講するのか、というのはひとつ考えに入れておく必要があります。
資格取得にあたっては、多くの講座において、概論と実技の両方が必要になってきます。セラピストは実際に施術を行いますから、知識だけでなく、ボディやフェイストリートメントの実技は欠かせません。また、いきなりセラピストの試験を受ける前に、アロマ検定やアドバイザーといった下位の試験を受けることがステップとなるケースもあります。
試験に受かったあとも、継続のための年会費を支払う必要がある場合もありますので、よく注意事項を読んでおくことです。

■リクルートグループが運営する資格講座一括資料請求サイト⇒ケイコとマナブ.net
■資格講座で実績・知名度のあるサービス⇒ヒューマンアカデミー「たのまな」