アートセラピストの資格と仕事

アートセラピストの仕事と特徴

近ごろでは、精神的なストレスを抱えて悩んでいる人が非常に増えています。そのような人々をケアする専門的な仕事は多数あります。さまざまな職業の中でも、アート表現によって心の問題をサポートするアートセラピストか注目を浴びています。
アートセラピストの特徴としては、絵画や彫刻、陶芸など作品を作ることによって、心理的に問題を抱えて悩んでいる人の症状を改善する仕事です。アート表現を行うことによって、人間の内面の感情を読み取りながら問題解決に導いていく仕事ですので、洞察力や人間観察力に自信がある人に向いているといえます。
働く場所としては、セラピー機関や病院などの医療機関、老人福祉施設などが挙げられます。日本国内では比較的新しい分野ではありますが、認知症などの対策プログラムとしてアートセラピーを採用している病院なども徐々に増えてきています。そのため、将来性もあり、今後はますますアートセラピストの需要が高まっていくとみられています。
アートセラピストは、相手に作品を作ってもらう過程を通して、メンタルケアを行う場合と、完成された作品を活用して精神的な落ち着きを取り戻させる方法があります。患者の症状に合わせてきめ細かい対応を行っています。

アートセラピー資格の取り方

アートセラピーは芸術療法、絵画療法とも呼ばれるもので、その定義は多様で、その用途も多くありますが、いずれにしても絵を描いたり、粘土で造形物を作るなどアートの創作活動を通じて、その人の考え方を活性化させたり、その作品を見て内面的な心理状態を理解するといったものになります。日本では認知度が低い療法ですが、ヨーロッパやアメリカなどでは広く認知されており、またドイツには公的な資格もあるほどです。

 

しかし、現在の日本国内ではアートセラピーに関する認知度は低く、またそれを専門とする公的な資格は存在していません。この療法を実用的に使っているのは精神科医や臨床心理士、カウンセラーなどが治療の一環として行なっている程度となっています。もちろん、この療法の用途は様々であるため、治療の一環にアートセラピーを用いる人もいればそうでない人も多くいます。
公的な制度がないため、日本国内では民間資格になりますが、その種類も様々です。取り方としては通信講座を利用するのが一般的で、取得制限などもなく誰でも取得することが可能です。ただし、実用的に療法を用いているのはカウンセラーや臨床心理士などが中心になり、大学や大学院を卒業する必要があるため難易度の高いものとなっています。

■リクルートグループが運営する資格講座一括資料請求サイト⇒ケイコとマナブ.net
■資格講座で実績・知名度のあるサービス⇒ヒューマンアカデミー「たのまな」