心理セラピストの資格と仕事

心理セラピストの仕事と特徴 

心理セラピストは、患者さんの心の悩みをとても親身になってきいてあげるということが、とても大切になるお仕事です。
心理セラピストになる方法ですが、教育学部や心理学系の学校の心理学専門コースなどを4年間勉強などをして、その後に心理セラピストとなる方法があります。
仕事の特徴としては、患者さんの心の悩みについて、共感をし、親切に話をきくことがとても大事になってきます。
患者さんの悩みについて、真剣に話を聞かなかったり、話の内容を馬鹿にするというような態度は絶対にいけません。
心理セラピストの仕事としては、電話で相談を受ける場合もあります。
心理セラピストには、高い共感力などが求められますが、資格については国家資格が必要なものと、資格が必要でないものなどがあります。
国家資格としては、臨床心理士の資格がとても社会的にも大きく認められています。
臨床心理士になるためには、上記のような4年生大学を卒業し、心理学科を卒業した後に大学院に進む必要があります。
そのうえで、臨床心理士資格認定試験に合格する必要があります。
また、このように臨床心理士のセラピストの場合には、病院などでも勤務などができることから高い人気となっています。

心理セラピー資格の取り方

心理カウンセラーと聞くと巷ではいろんな種類のカウンセラーが存在しています。
心理学のなかでは、カウンセラーというと特別な心理学の知識を持って、人の心を癒やす仕事をする用語としての解釈があります。
よって心理カウンセラーになるのは、高い目標と意欲が必要となり、その期間も長いものとなります。

 

一線を画する心理カウンセラーとして心理セラピーという用語もあります。
この心理セラピーは、人気であり様々な資格があります。その資格の取り方も非常に豊富で、人気の講座となっています。
講座を受けるには、専門学校に通うか、認定された通信講座をうけることで学ぶことができます。
また資格も受験を受けてとれるものもあれば、講座を受けたという証拠があり、会員料を支払うことで認定されるものもあります。
ここで心理セラピーとして活躍できるようになります。

 

心理カウンセラーとは違い、心理セラピーにも重要な使命があります。
心理セラピーのような講座を受けることで見えてくる世界もあります。
そこから本格的に心理カウンセラーを目指すようになったという人もいます。
本格的な癒やしとしての違いはありますが、人を癒やしたいという気持ちは、変わることがない二つの心理学に関する職業です。

■リクルートグループが運営する資格講座一括資料請求サイト⇒ケイコとマナブ.net
■資格講座で実績・知名度のあるサービス⇒ヒューマンアカデミー「たのまな」